発達の法則

『発達の順序性』

発達はある一定の

決まった順序

発達が完了していきます。

 

 

順序が逆になったり、

飛び越した状態で、

発達が完了するということは、

基本的にはありません。

 

順序通りでない場合は、

発達しているかのように見えるだけで、

完全には発達が完了していない

のかもしれません。

 

『上から下へ』

発達は

脳と体の情報の往復で進みます。

ですから、

脳に近い部分の方が先に発達しやすくなります。

 

首がすわり、

腰がすわり、

立位が取れるようになるという順序は、

この法則の通りです。

 

『中枢から末端へ』

体を動かすためには、

から指令が出て、

脊椎の中枢神経を通り、

各部位の抹消神経の運動神経から

筋肉に指令が伝わることで体が動きます。

 

中枢に近い部分の方が先に育ち、

手足などの末端は後で育つようになります。