発達の法則

からだの発達は

『上から下へ』

  首のすわり

  腰のすわり

  歩行

 

『中枢から末端へ』

  首の座り → 眼球運動

  腰のすわり → 手を自由に使う